ポリスイッチ(自動車用、表面実装、ラジアル、電池用、通信用)

ポリスイッチ解説図

■ポリスイッチとは

ポリスイッチはポリマ系のPTCサーミスタ(PTC:Positive Temperature Coefficient=正の温度係数を持つサーミスタ)で、素子温度がある温度より上昇すると、急激に抵抗値が変化するデバイスであり、その抵抗値変化は10の4乗から6乗にも達します。

ポリスイッチは、過電流や過熱により熱せられると、素子内部の温度が上昇し、抵抗値が増大して、回路電流を微少に制限する過電流・過熱保護素子です。この抵抗値変化は可逆性であり、電源をいったんオフにすることにより、素子温度が下がり、元の抵抗値に戻るため、ヒューズのように交換する必要がありません。

総合カタログ(pdfファイル)

※その他の製品内容はTE connectivity製品ページをご覧ください。

当ページに記載の製品についてのご質問・お問い合わせ・資料請求はこちらから

朝日技研工業株式会社へのお問い合わせ・ご相談・資料請求は下記より随時承っております。

お問い合わせフォームへ

TEL:045-474-3941(代)FAX:045-474-0250

このページのトップへ